品質の悪いドッグフードの見分け方【値段だけで騙されないために】

品質の悪いドッグフードの見分け方【値段だけで騙されないために】

国内生産の物は安心できると思ってる飼い主さん達は多いと思いますが、人が食したり肌に付ける物に対する安全基準に比べてペット用品に対する安全基準は低いので国内で基準を守って生産されたフードでも愛犬に良い物である保証はないのです。

 

では値段が高いドッグフードなら安心かと言うとそれもそうではありません

 

ドッグフードに何が入ってるか確かめられるのが一番確実、全部見るのは大変なのでわかりやすい3つのポイントをチェックするだけで品質の良いドッグフード選びが出来るようになります。

 

ドッグフードは表パッケージではなく裏パッケージを重要視しましょう。

 

 

どの様なドッグフードがおススメ出来ないのかと言いますと

 

穀類(グレイン)で量を稼ぐ
質の悪い原料(特に肉類)を使用
人工添加物(着色や甘味)の使用

 

この様に値段が安い減量を使って量を多くして、味など質が悪くなった所を人工添加物で誤魔化す。 もはやこれは商品では有りませんね(汗)

 

 

1、穀類(グレイン)で量を稼ぐ
質の悪いドッグフードは、主原料に「小麦」「トウモロコシ」「大豆」などの穀類(グレイン)を多く使用してます。

 

これらの食材は我々人間が食しても全く問題ないので問題視され難いのですが、本来来肉食である犬達に取って穀類を消化する事は負担が掛り、大量に食べさせない方が良いです。

 

しかしドッグフードを生産する側に取って原価の低い穀物を多く使用する事で生産コストを抑える事ができる為、多く出回っています。

 

消化不良だけでなく、犬によってはアレルギーを引き起こす原因にもなります。腸内の掃除をしてくれるメリットが穀類にはありますが、それには犬に合った適量の場合の時だけです。

 

 

2、質の悪い原料(特に肉類)を使用
ミート肉ミール肉など、一般的なドッグフードはコストを抑えるために使用してます。

 

この「ミート肉」や「ミール肉」や人の食べられない部位や病死や老死した動物の肉の事を言います。

 

肉で有る事には変わりないのですが国外から持ち込まれた物など、品質が全く保証されない肉類です。

 

※例えば中国から原料となる肉を仕入れても、日本の工場でドッグフードを製造すればドッグフードの原産国は日本と言う事になるのです。

 

 

3、人工添加物(着色や甘味)の使用
ドッグフードに人工添加物を使用する理由は主に3つです。
@穀物を多く使用し質の悪い食材から作られたフードに犬好みの味付けを行ない食いつきを良くするための人工甘味料

 

Aドッグフードの保存期間を長くするために保存料

 

B美味しそうな色付けを行い、飼い主さんからみて美味しそうなドッグフードに見せるための人工着色料、犬の目は色を見分ける事が出来ないだけにこのB番目が一番残念な添加物使用な気がします。

 

この様な人工添加物を多く含むドッグフードを愛犬が食べ続けると「皮膚病」「アレルギー」「内臓疾患」「ガン」など、様々な病気を引き起こす原因になってしまいます。

 

大切な愛犬のために、出来る限りフード原料は確認して食べさせてあげたいです。

 

⇒ ネルソンズドッグフードが愛犬家たちに評価されてる理由【公式Web】